カテゴリー
ことば 使い分け

「永久・永遠・悠久」の違いと意味・類語

「永久」「永遠」「悠久」はどれも似た意味で使われ、英語ではどれも「eternity(エタニティ)」と訳されます。ではそれらの違いは何でしょう?

永久」とは

読み方:えいきゅう、とこしえ

意味:いつまでも変わらないという意味で、主に形のあるもの、物質的なものに対して使います。

使い方・例文:永久歯、永久追放
もっと「永久」の例文を見る

類語:恒久永劫久遠無限不朽長久、永遠

英語では:eternitylastingpermanence

永遠」とは

読み方:えいえん、とわ

意味:果てしなく続くこと、過去、現在、未来の時間を超えて存在する、不変なもの。宗教、哲学用語。

使い方・例文:永遠の愛、永遠のライバル
もっと「永遠」の例文を見る

類語:永代、久遠、久方ぶり、永久、悠久

英語では:eternity、perpetuity、permanence、 immortality​

悠久」とは

読み方:ゆうきゅう

意味:果てしなく続くこと、遠い過去から未来まで果てしなく続く様子。

使い方・例文:悠久のかなた、悠久の歴史、悠久の昔
もっと「悠久」の例文を見る

類語:永遠、永久、常しえ、恒久、不朽、無限

英語では:eternity、perpetuity

「永久」「永遠」「悠久」は、ある状態が限りなく続くという意味でどれも同じように使います。

しかし「永久」は物質的なものに対して、「永遠」は精神的なもの、時間に対比し用いるという点が異なります。

「悠久」は果てしなく続く様子を意味し、歴史や自然など壮大なものに対して使われます。そして時代を超えて「存在する」という意味は「永遠」にだけ含まれます。

ちなみに「永久」は、平安時代(鳥羽天皇の頃)に元号として使われていました。

では、「要請・要望・要求・依頼」の意味と違いは?

「図る・測る・計る・量る」の違いと使い分けは?